News

夏葉社『冬の本』寄稿

12月12日夏葉社より刊行されます『冬の本』に、
前野健太寄稿しております。ぜひ冬の日に、本屋さんで。



『冬の本』

版元 夏葉社
装幀 和田誠
版型 四六版変形(179mm×112mm)
   ハードカバー(カバーなし) 
   200ページ
定価 1800円+税
発売 12月12日(水)
ISBN 978-4-904816-07-3 C0095

冬に読んだ本や、冬に出会った本。冬になったら思い出す本や、まるで冬のような本。
作家や翻訳家。音楽家や愛書家。84人の本好きが、「冬」と「1冊の本」について書き下ろした新しいエッセイ集。


執筆者(敬称略)

青山南、秋葉直哉、淺野卓夫、天野祐吉、安西水丸、いがらしみきお、池内紀、池内了、石川美南、井嶋ナギ、伊藤比呂美、伊藤礼、井上理津子、岩瀬成子、上原隆、宇田智子、内堀弘、大竹昭子、大竹聡、大谷能生、岡尾美代子、岡崎武志、荻原魚雷、角田光代、片岡義男、木内昇、北澤夏音、北沢街子、北村薫、北村知之、久住昌之、小林エリカ、越川道夫、小西康陽、近藤雄生、佐伯一麦、柴田元幸、杉江由次、杉田比呂美、鈴木慶一、鈴木卓爾、鈴木理策、曽我部恵一、高橋靖子、高山なおみ、田口史人、竹熊健太郎、武田花、田尻久子、田中美穂、丹治史彦、友部正人、直枝政広、長崎訓子、名久井直子、能町みね子、橋口幸子、蜂飼耳、服部文祥、浜田真理子、早川義夫、平田俊子、平松洋子、文月悠光、穂村弘、堀込高樹、堀部篤史、ホンマタカシ、前野健太、万城目学、又吉直樹、松浦寿輝、町田康、南博、森山裕之、安田謙一、柳下美恵、山崎ナオコーラ、山下賢二、山田太一、山本善行、吉澤美香、吉田篤弘、吉本由美