News

エランド・プレスより新作CDブック『今の時代がいちばんいいよ』が急遽12月7日に発売!

出版社エランド・プレスより前野健太新作CDブック
『今の時代がいちばんいいよ』が急遽12月7日に発売されます。

imanojidai

「年内に出さなければ!」というプロデューサー九龍ジョー氏の一声で、
10月下旬に突如立ち上がった企画から怒濤の制作スケジュールで始動。
作品が録音される前にジャケット撮影が行われ、すべてが同時進行。
最新曲「吾郎」はそんなドタバタの中から生まれた小さな街の歌。
なぜこの作品が年内に作られなければならなかったのか。
ギターと歌だけの小さなアルバムの発売です。


————————————————–

前野健太『今の時代がいちばんいいよ』

曲目
01. だれかの
02. 今の時代がいちばんいいよ
03. SHINJUKU AVENUE
04. このからだ
05. 100年後
06. 新幹線の速さで毎日は
07. 私の怒りとは
08. 東京の空
09. コーヒーブルース
10. 野蛮なふりをして
11. 吾郎

All Songs Written, Performed, Recorded by 前野健太
Mastered by 中村宗一郎(PEACE MUSIC)
Produced by 九龍ジョー

PHOTO:石川直樹
DESIGN:惣田紗希

Errand Press Music Book 01
『今の時代がいちばんいいよ』
前野健太・歌と演奏
仕様:四六変形/CD(11曲入り)+歌詞集16ページ
発売日:2015年12月7日
価格:1680円+税
ISBN978-4-908440-03-8

————————————————–

*本作のCDブックは書店流通をメインにCDショップへも流通しています。
全国の書店、CDショップでお求めいただけます。詳しくはエランド・プレスまで
お問い合わせ下さい。 http://errandpress.com/

東京都現代美術館〈東京アートミーティングⅥ “TOKYO”-見えない都市を見せる〉松江哲明監督作品に書き下ろし新曲

松江哲明監督新作『その昔ここらへんは東京と呼ばれていたらしい』の
音楽と歌を前野健太が制作しました。今作への書き下ろし新曲になります。

本作は東京都現代美術館にて開催中(2015年11月7日~2016年2月14日 )の展覧会
「東京アー­トミーティングⅥ ”TOKYO”-見えない都市を見せる」で展示中です。

images-4

images

_______________________________________________________________________________________

関連イベント

2015年11月29日(日)14:00-16:00
会場 東京都現代美術館 講堂
定員 当日先着200名
料金 無料(ただし当日有効の本展チケットが必要です)

松江哲明 スクリーニング&トーク①
「トーキョードリフター」「その昔ここらへんは東京と呼ばれていたらしい」(ゲスト生伴奏:前野健太) 上映

*松江哲明の代表作「トーキョードリフター」の上映のほか、本展のために制作した新作「その昔ここらへんは東京と呼ばれていたらしい」に楽曲を提供した前野健太(シンガーソングライター)が、本作の上映に合わせてそのサウンド・トラックを生伴奏します。

※チラシにライブパフォーマンスと表記されていますが、正しくはスクリーニングに生伴奏という形になります。

_______________________________________________________________________________________

http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/TAM6-tokyo.html