Life

パターソン試写トーク
気の利いたことが言えなくてバーで反省
パターソンマッチを置いてウィスキー
主人公が街の名前になっている
それがすべて
街こそ歌(詩)なのだ
街=マッチ
これも日本では通じる
街を擦るのが歌
燃えて聞こえるのが詩情

街にこそ詩人がいて
でも
彼ら彼女らは 決して詩を書く という行為はしていない場合もある
でも彼らが詩人なのは わかる
風が顔をなぜて
光りが照らすと
染みて来る
彼らがキャンパスになってしまうこともあるし
ノートのように刻み込まれてしまうこともある

ジャームッシュがもうひとつ凄かったのは
作り手達にアジテーションしていたこと
毎日は美しい
日常にこそ奇跡はある
たしかにそうなんだけれど
詩はとことん描写してくらいつかないと
降っては来ない
現れては来ない
これを逆説的に言っている気がした
毎日を生きているだけでは詩は降っては来ない
これが効いた
身が引き締まる思いがした
この境地には到底たどり着けない

ジャームッシュの後追いが始まった

2017/8/17