Life

別府ブルーバード劇場。70年を越える時を経て、
劇場の壁は色々な映画を観ながら、客の笑い声や泣き声を聞きながら、
しずかに私を迎えてくれた。
86歳になる館長の照さん。
今日さっと紅を差していたとあとから聞いてシャンとしなきゃと思った。
歌は一方向では決してない。
なんてことない音響でも鳴る時は鳴る。
壁に色気があるのは壁も生きているからだ。

本の中から歌を引っぱりだして大阪京都名古屋とさすらう。
さてどんな旅になるか。
会場で会いましょう。

5/16

ショーケンのライブに行った。
初めて生で萩原健一さんを見た。
頭2曲で分けの分からない感動に身が包まれた。
自分が感動しているというよりも、場の空気が、
その空間が、感動してぶるぶる揺れていた。
それに触れて、ドバッと体の隅々までみずみずしくなった。一気に。
あれはなんだろう。
近い、近すぎてイヤだった。ショーケンは遠くにありて感ずるもの。
でもこれで今年はもうスターのライブには行かなくていい。
荒木一郎もカエターノも、ショーケンも、まだ上半期だと言うのに、いや、
荒木とカエターノは半年前に見たんだった。なぜか今年全部見たような気になっていた。
すごい年だ。
声は出た方がいい。ショーケンは声が出ていなかった。苦しそうだった。
ビルボードにロックは似合っていなかった。
六本木の夜景には似合っていなかった。
存在はエレガントだけど、音楽はもっと・・・

つづく

5/9

爆破すべき美術館 そうでない美術館
という言葉が聞こえてきそうな作業だ
歌一曲なら楽だが 先に言葉で詩をあぶり出しすぎると
歌声は邪魔になることがある
言葉がほろと流れて それを追ってパン屋の煙突の向こう
山を見て何か感じるなら それですべて

4/19

久しぶりのソロライブ
お越し下さった皆さんありがとうございました。
ライブは観ての通り、ズタズタでした
泣き スイッチが一度も入らなかった
それが入れば良いと言うことではないけれど、
あそんぐ なら ただ鳴けばよかった

映画と舞台と本を通過したことで
肉体はバラバラになった
それは恵まれた解体だった
歌 という言葉を使わなければ
詩 という言葉に引っぱられなければ
あそんぐ は始まる

要するに 体はモノ化しているのだ

ライブが終わって 早くまた
ライブがしたくてウズウズしているけだもの
ただのけだもの

4/11


最後の5ページをどこで読むか
を考えている
桜色の栞
たった5ページでがらりと変わる訳もないんだろうけど
雑踏の中で
読みたい
春の

桜の樹を見る目が変わった
そしてその花も

4/2

点で負けても良い 線で勝てばいいんだ
夢追人の昨日の言葉

3/31

もう舞台が終わろうとしてるのに、まだ新作を作って上演しようと
未來さんも岩井さんもどうかしてるよ笑
あと4ステージ

山田五郎さんから本の感想が届く
言葉が呼吸している
そんな嬉しい言葉をもらって
それはあのコドモたちの言葉の爆発力には敵わないけど

街が呼吸しているように
体をラスト
空気を吸い込んで

3/10

1月6日から滞在制作。兵庫の城崎で。
冬の日本海。1月22日に東京に戻ってきて。
すぐに水天宮で稽古。明日稽古が終わる。
岩井さんと未來さんとがっぷり四つ。
永遠に忘れる事はできないだろう

2/12

久しぶりにジョーヘンリーのスカーを聴いて
冬の一日が彩られてゆく
新しいアルバムとしてまた聴ける感じがすのるのはスゴいなー
ミシェルンデゲオチェロじゃねえの?と思ったベースはやはりクレジットを見たら彼女だった
あのフレーズは嬉しくなる
今年は亀甲縛りからラジオレギュラー開始まで色々あった
来年は舞台から他にも色々決まっていてもはや自分が何者なのか分からなくなっています
君の名は?スゴい詩情だった。新海誠もラッドウィンプスも速い
歌心ってそんなに今も昔も変わらないんじゃないか?という前回の記事は撤回
あれはアニメでしかあのスピード感でしかあぶり出せない新しい詩情が、歌心があって体に新しい色が巡りました
最後の社会人のパートは今までもちょっと知ってる感情でいらなかったけど、
それまでの部分は未知の体験
見終わって外に出たら新宿の街がみずみずしくなっていて
また街に歌が補充された感じでした。
いくらでもまた歌作れんじゃんって感じで
赤い紐で俺の縄と繋がって2016興奮スタート12月から


アルバム作りと似たような作業に入った。
これはこれで興奮する。
もう仕事を減らして歌だけを作る作業に戻りたい。
そんな言葉が聞こえてきたが、やってることは全部遊びみたいなもんだろう
えらそうに仕事だなんて なあ

たまにマクドナルドに行かないと怠ける
ビッグマックにがぶりついてむしゃむしゃ食べる
街を食べる
店内と街は地続き
店員と客を感じて
やっと動物だったことを思い出す