MAENO KENTA

LIFE

ライフ

2020.10.4

父親の命日は10月3日、もう20年経ったことになる。
多摩川の土手でギターを弾いていた。
なんで普段しないようなことをしていたのだろう。
夕日は完璧だった。
下北へ移動して友人とコーヒーを飲んだ。
初めて入る店だった。
なんで彼とお茶をしたのだろう。
二人でお茶をしたことなんてなかったはずだ。
店を出ると母親から留守電が入っていた。
もう時すでに遅し、という感じだったが、
ギターを背負ったまま原付飛ばして実家へ急いだ。
その時のことはよく覚えている。
「別に死ななくたっていい曲作れるのによお!」
胸の内ではこんなことを叫んでいた。
でも実際はどうだろう。
親父が死んでから何かが始まったのは確かで、
風の感触も、風景の表情も、変わった。

父親はライブを一回も見ずに、死んだ。
そんなことはどうだっていいけど、
二人で旅をしてみたかったな。
車窓に映る俺と親父、
入れ替わる歌。
なんの弁当が好きかも知らないよ。
まったく短い人生さ。
走るか。

2020.10.4